TOPICS
  • 1位
    生き甲斐の心理学

    生き甲斐の心理学

    自分は何の為に生きているのか? 生き甲斐とは何か、自分の魂と成育史と身体を大事にしているか、を思索していきます。

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

    人間が暗い感情への道を歩み出す第一感情が<不安感>である事を再三述べてきました。どんな人間でも憂鬱な感情を持つものですが、憂鬱な感情の深い人は、それだけ<幸福感>に敏感なので、森羅万象の解釈を明るい方向へ、楽天的に解釈する訓練さえすれば人一倍幸福感を味わう能力のある人です。どんな解釈をしてしまうと自分が暗くなるか、自己分析しながら<明るい感情生活を願い>努力すると、必ず幸福な自分を発見します。自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

    culltu

    生き甲斐の心理学

    読者になる

続きを見る

  • カニ

    カニ

    カニ(蟹)は、甲殻綱・十脚目・短尾下目( たんびかもく、Brachyura 別名、カニ下目)に属する甲殻類の総称。タラバガニやヤシガニなどは十脚目・異尾下目(ヤドカリ下目)に属するが、これらも漁業・流通等の産業上、「カニ」として扱うことがある。

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 22人

  • ズワイガニ

    ズワイガニ

    ズワイガニ (ずわい蟹、Chionoecetes opilio) は、エビ目・カニ下目・クモガニ科に分類されるカニ。深海に生息する大型のカニで、重要な食用種でもある。近縁種のベニズワイガニについても本項で記載する。漢字で津和井蟹とも書かれる。 ”ずわい蟹”の”ずわい”とは「楚(すわえ(すはえ)」が訛ったもので、「楚」とは細い木の枝のことを指す古語である。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 14人

  • タラバガニ

    タラバガニ

    タラバガニ(鱈場蟹)Paralithodes camtschaticus は、十脚目(エビ目)・異尾下目(ヤドカリ下目)・タラバガニ科に分類される甲殻類の一種。食用に珍重され、分布域の沿岸では重要な水産資源の一つとなる。名前に「カニ」とあるがヤドカリの仲間である。 和名は生息域がタラの漁場と重なることに由来し、学名の種小名"camtschaticus"は分布域内にあるカムチャツカ半島に由来する。種小名は女性形 camtschatica が用いられることもあるが、属名の Paralithodes は男性形なので、同じく男性形の camtschaticus を使用するのが望ましい。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 8人

  • ケガニ

    ケガニ

    ケガニ(毛蟹)Erimacrus isenbeckii は、エビ目・カニ下目・クリガニ科に分類されるカニの一種。北西太平洋の沿岸域に広く分布する大型のカニで、食用に漁獲される。別名「大栗蟹」(オオクリガニ)。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 5人

  • サワガニ

    サワガニ

    サワガニ(沢蟹)Geothelphusa dehaani は、エビ目(十脚目)・カニ下目・サワガニ科に分類されるカニの一種。日本固有種で、一生を淡水域で過ごす純淡水性のカニである。学名の種名"dehaani"は、日本の甲殻類分類に功績があったオランダの動物学者ウィレム・デ・ハーンに対する献名となっている。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • ガザミ

    ガザミ

    ガザミ(学名Portunus trituberculatus (Miers))は、エビ目・カニ下目・ワタリガニ科に分類されるカニ。食用として重要なカニで、「ワタリガニ」という別名でもよく知られている。尚、地域によっては同じワタリガニ科のイシガニを「ワタリガニ」と指す場合がある。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • カニミソ

    カニミソ

    カニミソとは、カニの中腸腺を食材として扱うときの呼称である。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 猫を食べちゃう会

    猫を食べちゃう会

    猫のキャラ弁、肉球の形のパンや白玉、猫のクッキーなど、猫をモチーフにした食べ物があったら記事に写真を添えて紹介してください! 手作りでも、買ったものでも、食べたものでも。 みんなで猫を食べちゃおう♪

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 2人

  • 雑煮

    雑煮

    雑煮(ぞうに)とは正月に多く食べられる、餅を主と具材をあしらった汁料理である。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 9人

  • ダイエットメニュー・レシピ

    ダイエットメニュー・レシピ

    ダイエット中の方、ダイエットのメニューやレシピをお気軽にTBして下さいね(^_-)-☆

    テーマ投稿数 67件

    参加メンバー 22人

続きを見る

  • 自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

    日々生活していると怒りたくなる瞬間があります。人は自由に怒りまくる権利がありますから、それぞれの立場、環境、考え方の中で怒ればいいのです。が、怒り方を間違えると運命ががらりと激変する覚悟が必要です。落語のはっつあん、とらさんの怒り方もよし、オードリーヘップバーン演ずるマイフェアーレディの中の紳士淑女の怒り方もよし、とにかく怒りを我慢すると心身症になります。怒りを抑圧すると感情が流れなくなり鬱が蓄積されます。さてどうするか?この知恵が人生を変えていきます。怒り方の知恵は努力が必要なようですし、答えは自分で見つけないと悔いのある人生を歩みます。自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

    culltu 生き甲斐の心理学
    読者になる
  • 自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

    人は死ぬまで憂鬱な問題に悩まされますから、鬱という感情の取扱方法を自分に相応しい対処方法で決めておく必要があります。鬱状態を打破する一番重要な感情が美意識です。美しいのもを見ている時のあの喜びの感情を深く味わえる精神状態が、鬱の時は非常に大きいのです。健康な時に感じる喜び以上のものがあります。鬱の時、深く愛してくれた人が生涯の恩人に感じるのはそのせいでしょう。真善美のうちの美の感情が苦しむ人を救います。自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

    culltu 生き甲斐の心理学
    読者になる
  • 自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

    固執障害といわれる心の病気の特色は感情の流れが低下し顔の表情も能面化する点です。健康な人間の感情は自分でもあきれるほど、次から次へと色々の感情が生まれては消えていきます。この感情の流れを楽しむコツを覚えると何となく人生が楽しくなってきます。豊かな感情、と言われるのがこの現象ですが、信念と固執は似て非なるもの。豊かな感情を楽しみだすと森羅万象までが美しく見えてきます。特に愛の感情は人を美しくします。身近に嫌いな人が増えるとなぜか感情が固定化され、好きな人が増えると豊かな感情が泉のように湧きだします.自分は何処へ旅しているのだろう?:幸福な日々の為の自問自答

    culltu 生き甲斐の心理学
    読者になる

続きを見る

  • 生き甲斐の心理学

    自分は何の為に生きているのか? 生き甲斐とは何か、自分の魂と成育史と身体を大事にしているか、を思索していきます。

    読者になる
  • ねこすけといっしょ

    生活・料理・勉強など日々の生活で気付いたことを役立つ情報と共に更新していきます!

    読者になる

続きを見る

「料理ブログ」 カテゴリー一覧